RSSリーダー変遷記
My Yahoo!がサービス終了したので、Feed Watcherに切り替えた記事を書きました。
My Yahoo!終了→Feed Watcherへ

Feed Watcherにたどり着くまでの検索結果にRSSリーダーに関するものが幾つかありました。
RSSリーダーは元々Google Readerを使っていましたが、iGoogleと同様、突然のサービス終了通知があり、その当時、Google Readerのデータを引き継げるということで Feedlyに乗り換えました。
google-reader-closed
DownArrow
feedly

アプリの操作性も良く、特に問題なく使っていましたが、最近は「Inoreader」というサービスが台頭し、Feedlyと肩を並べるサービスになっているようです。

Inoreader
Inoreader使い始め
ということで、早速「Inoreader」にも登録して、Feedlyの登録データをインポートしました。
Inoreaderのいいところは、更新タイミングが見えることですね。
Inoreader_total

こういうデータは見ているだけで楽しくなっちゃいます(笑
さらに「ブースト機能」というのがあり、巡回間隔を変更することができます。
無料版でも10個まで指定できるようです。
お気に入りのブログやいち早くニュースを知りたい人には便利な機能ですね。
もちろん、Inoreaderにもスマホアプリがあり、使い勝手はFeedlyと同じくらいいいです。

さて、Feedlyの最大の不満点は設定画面が英語しかないという点です。
Inoreaderの設定画面は日本語表示できます。
Inoreader_setting

英語が読める人はなんてことはないのでしょうが、やはり日本語設定画面があるだけで安心感があります。

ということで、しばらくはInoreaderをメインに使ってみようかなと思っています。
RSSリーダーを使いこなしている人は、目的別に使い分けている人もいるみたいですが、私は大量の情報を捌く自信がないので無理ですね(汗
とはいえ、ブログを書くようになって情報収集も必要なので、使いこなせるように頑張ります。